男女が思い描く理想の営み

ただ性別が違うというだけで、男と女は全く別の生き物のように違います。会話の仕方はもちろん、性生活で求めることや心惹かれるセックスアピールなど、数え上げたら切りがないでしょう。あまりにも異なる男女が、一緒に満足できる道はあるのでしょうか。

妥協しないと付き合えない?

夢は夢、現実と切り離して考えるのが当然のことと諦めている人が大半のようです。確かに普通に考えれば、王子様のような男の人はいませんし、純粋なお姫様と出会うこともないでしょう。しかし、だからといって何もかも理想を捨てて、収入や安定を基準に寄り添う相手を決めることが最善なのでしょうか。

現代では昔ながらの典型的な「男らしさ」や「女らしさ」は古いものとして気にされなくなってきています。変わりに、穏やかで多くを望まない傾向にある男子や、意欲的に働く女子が増えました。彼らは既成の考えにあまりとらわれていないので、異なる性別の人の意見も割と受け入れます。つまり、相手の要望に添って変わる可能性があるかもしれません。

勘違いに気づき始めた人々

加えて、若者だけでなく大人も世の中の流れから、今まで言われて来たことが間違いであると気付き始めています。「男の考える女の喜ばせ方」や「女の考える男の喜ばせ方」を絶対とせず、どうすれば良いパートナーになれるか考えている方も少なくないそうです。多くの人が異性を喜ばせる方法を自分で探し始めた今だからこそ、理想に近づけることが出来るかもしれません。

考えも感じ方もまるで違う男と女。しかし、今互いに歩み寄ろうという流れがあるので、カップルの両方が満足できる方向で動き出せるかもしれません。理想を幻想と諦めて、ひたすら我慢する必要はもうないでしょう。これからは互いのことを思い、素敵な性の営みが出来るよう好きな人の性について良く知り、幸せにしようと努めればいいのです。王冠やドレスはありませんが、もしかすると自分だけの王子様やお姫様は見つかるかもしれません。